ウォーキングの効果 毎日続けるとこんなメリットがある

健康を維持し体を最適な状態に保つための最良の方法のひとつが、定期的にウォーキングをすることです。

ウォーキングは負荷の少ない運動であるだけでなく体重コントロールからストレス解消まで、数多くの健康効果が期待できます。

この記事では心臓病のリスク軽減から免疫力アップまで、ウォーキングにまつわるあらゆる健康効果についてご紹介します。

目次

ウォーキングの健康効果とは?

ウォーキングは全体的な健康を向上させるのに役立つ優れた運動形態です。

心臓病、脳卒中、2型糖尿病、骨粗鬆症、ある種の癌のリスクを減らすのに役立ちまたウォーキングは総死亡率の低下にもつながっています。

その他にも精神的な健康の向上より良い睡眠、生体機能のの向上などウォーキングには様々な効果があります。

ウォーキングが血圧や退場に与える影響

定期的なウォーキングは高血圧としても知られる高血圧の軽減に役立ちます。

歩行時間、距離、エネルギー消費量が長いほどまた歩行ペースが速いほどすべて血圧の低下につながることがわかりました。ウォーキングの血圧に対する有益な効果は、ウォーキングが中程度から高い強度で、より長い時間実施されると効果の高い結果があります。

またウォーキングは体重をコントロールするための優れた方法です。研究によると週に3回以上30分以上歩く人は、体脂肪のレベルが低く体格指数(BMI)も低いことが分かっています。

このような運動は代謝を向上させ長期的な体重減少に効果があります。

ウォーキングによるストレス軽減の効果とは?

ウォーキングは全身の健康に大きく関わるストレスを軽減する効果も期待できます。

研究によると、定期的にウォーキングをしている人はストレスに反応して分泌されるホルモンであるコルチゾールのレベルが低いことが分かっています。

さらにウォーキングはストレスを軽減し幸福感を高める「快感」ホルモンであるエンドルフィンの産生を高めることもできます。

ウォーキングが免疫力を向上させる仕組み

ウォーキングは風邪などからあなたを守るのに役立ちます。

免疫システムの最も重要な機能の1つは、潜在的な脅威を特定し、それに対応することです。定期的なウォーキングは、潜在的な病気に対する体の反応を改善し、免疫システムをより効果的に機能させるのに役立ちます。

  • 炎症を抑える:炎症は、ストレスや食生活の乱れなど、複数の要因によって引き起こされることがあります。ウォーキングは内の炎症を抑え免疫力を強化する効果があります。
  • 白血球の数を増やす:ウォーキングは感染症や病気に対する体の自然な防御システムの一部である白血球の数を増やすのに役立ちます。白血球の数が増えれば、免疫システムがあなたを病気から守ることができるようになります。

ウォーキングの脳機能への好影響とは?

ウォーキングはより高いレベルの生産性と創造的思考につながるとされています。

またウォーキングはより良い意思決定や問題解決能力を促すと言われています。

また、コレステロール値を改善し炎症を抑え動脈にプラークなどが蓄積されないようにすることで、心臓病のリスクを低減するのに役立ちます。

そしてウォーキングは長寿やより健康的な生活を送ることと関係があると言われています。定期的な運動は骨や筋肉の強化に役立ち、ウォーキングは脳の健康的な老化を促進し、認知機能の低下のリスクを低減することが研究で示唆されています。

健康で長生きしたいのであれば毎日のウォーキングをできればおすすめします。

まとめ

このようにウォーキングには特定のがんや心臓病のリスクの低減、体重コントロールや脳機能の改善など、多くの健康効果があります。ですから今度活動的になって健康を維持する方法を探しているときは、散歩をしてみてください。身体の健康だけでなく気分も高揚しストレスも軽減されるはずです。ウォーキングのメリットを受け入れて実行しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次